« CX-8スタッドレスタイヤ交換 | トップページ | CX-8の右ドアミラー延長保証修理 »

2021年12月 8日 (水)

Velvet28mmF2.5は使いこなしが難しい

Velvet28mmF2.5を購入したのですがあまりの難しさに挫折しそうです。

LENSBABYのレンズを使うのは久しぶり。

ソフトフォーカスレンズは現在ケンコーのMC SOFT45mmF4.5とMC SOFT85mmF2.5の2本を所有していて今回初めて広角のソフトフォーカスレンズを購入した。ただし今回はZマウント!理由はなぜかZマウントだけ安かったから。


20211208_1

手にした瞬間に感じるのが「大きくて重い!」重量はなんと594gもあり、なんとNIKKOR Z 28mm f/2.8の3倍。元々一眼レフ用に設計されたレンズをミラーレス用に作ったものなのでマウント部だけ取って付けたかのように伸ばしている。オール金属製でしっかりしてそうなのだがフォーカスリングを回した時のガタツキが多くビルドクオリティは悪い。

20211208_3

レンズ構成は7群8枚構成。普通のレンズと同じくらいレンズを使っている。球面収差を残しているんだからその分レンズ枚数は減らせられるのではないか?というのはレンズ設計を全く知らない個人的な意見。

20211208_2

ソフトフォーカスの効きについては、F2.5からF2.8が効き過ぎ、F2.8~4までがちょうどいい位でF5.6でほぼ普通のレンズの写りになる。調整はクリックストップなしの絞りリングで行うが結構シビア。

20211208_4

このレンズの悩みは、使いこなせる自信がないこと。ソフトフォーカス効果で被写体がどれか分かりにくくなりがち。通常の広角レンズ以上に被写体に近寄って撮るというセオリーを心掛けておかないとつまらぬ写真を量産することになるのだ。

20211208_5

| |

« CX-8スタッドレスタイヤ交換 | トップページ | CX-8の右ドアミラー延長保証修理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« CX-8スタッドレスタイヤ交換 | トップページ | CX-8の右ドアミラー延長保証修理 »